鈴井孝史ブログ

準認定ファンドレイザー・CSR検定3級・ファイナンシャルプランナー3級.学びや気づきをシェアします

映画『Most Likely To Succeed』を観てきました

21世紀にふさわしい革新的な教育を考える映画『Most Likely To Succeed』の市民自主上映会に参加し、観てきましたので、あらすじや感想を書き残しておきたいと思います。

作品紹介はこちらから⇒ http://www.futureedu.tokyo/most-likely-to-succeed 

 

あらすじ

そもそも今の学校教育システムは産業革命のころに作られ、その後120年以上変わっていないことを指摘します。工業化の時代にブルーカラーの労働者を大量生産するようなもの。その後、ICT技術は革新が進み、人間はチェスに負け、自動運転も実現し、AIやテクノロジーが飛躍的に社会を変えています。

ここで登場するのがアメリカにある High Tech High という公立の学校。取材対象は中高生。一年間かけて「プロジェクト」に取り組み、期末に行われる一般公開の展示会に向けて作品作りをしていきます。プロジェクトは、文明の勃興を大きな歯車で表現するものや、女性の自立の歴史をノーベル平和賞マララと重ねて表現する劇の制作など、一筋縄ではいかなさそうなものばかり。その過程は試行錯誤の連続で、とても濃密な時間となります。

予告編動画よりキャプチャ画像

予告編動画よりキャプチャ画像

そうして子どもたちが変化していく姿。そしてそれを導いていく先生たちの様子。またそれを見守る保護者。保護者はときに、教科書も無い定期テストも無い授業に不安の声をもらします。

そしていよいよプロジェクトの成果を発表する日を迎えます。そこには成功する子も失敗する子もいて…。

 

印象的だったところ

  • 「今の学校教育システムは120年以上変わっていない。工業化の時代の産物。」
  • 「教育は工場のようなものではない。教育は本来、ガーデニングに近い。子どもたちは自分の力で育つようになっている。ただその環境をどう整えるかだ。」
  • 「大人や教師は勝手に描いた子どもたちの完成図を捨てなきゃいけない。」
  • プロジェクトが無事に終わって子どもたちの成長を見守ったベテラン教師が、取材者に聞かれてこう答えます。「あの子だけじゃないよ。見てごらん、みんな入学したときとは別人のように見違えるようになっている。これだからこの学校の教師はやめられない。」

 

自主上映会という場

今回は、辻堂で行われた自主上映会に参加してきました。とても居心地のよい空間でリラックスして映画を観ることができました。

www.facebook.com

映画のあとには対話の場が用意されていて、子どもたちの未来のために何ができるか?というテーマで、次のアクションにつながる深堀ができました。

たぶんとても大きな変革の時にある学校教育。その変革を良い方向に加速していくために、関心ある人たちのなかで会話を重ねて考えを深め、実践に移していく。そして、そうした会話や実践のすそ野を広げていく。そんな活動が重要なんだろうと思いました。

自分が準備している企画に向けても、元気と勇気をもらいました。

taka23suz.hatenablog.com

『学校に頼らなければ学力は伸びる』(山本崇雄)を読んで

最近関心を持っている学校教育。読書会or映画上映会を準備中です。

【募集】”学校をつくり直す”映画上映会or読書会を一緒に企画してくださる方いませんか? - 鈴井孝史ブログ

そのなかで出会った本の感想などを書いておきます。

学校に頼らなければ学力は伸びる (SANNO BOOKS)

学校に頼らなければ学力は伸びる (SANNO BOOKS)

 

 

残念ながら今の学校には頼れない?

私も小学2年生の子の親。わが子の学校生活はそれなりに安定して子どもも楽しんでいて、先生方も優しく見守ってくださる雰囲気で心配はありません。ただ、ちょっと物足りないかも…と思うのも正直な気持ちです。

一般論で言えば、学校とリアルな社会を比較してみると…

  • 学校で出る問題は、指定された範囲から与えられるけど、大人のリアルな社会では、課題を自分たちで設定する
  • 学校ではカンニングはダメだけど、リアルな社会では周りとコミュニケーションしまくり
  • 学校でわからないときは先生がいるけど、リアルな社会ではフィードバックをくれる人を自分で探す

立教大学 中原淳 ブログより

やっぱり社会から見た今の学校てちょっと古くて硬直的かも。学校ってそういうものでしょ、と思いたくなる気持ちも湧いてくるかもしれません。ですが、伸び盛りの子どもたちが毎日のほとんどの時間を過ごし、信頼を置いているはずのところを諦めるなんてやっぱりできない。そう思うのです。

 

もし学校がすぐに変われないなら生徒が変わるしかない

そこで本書は提唱します。「自律型学習者」になることを。

自律型学習者とは、自分の「学び方」を手に入れ、自分をコントロールしながら自発的に学び、成長していける人のことだ。

これは社会人として生きる大人も全く同じですね。めまぐるしく変化するこの時代。追われるように生きるより、自分で舵をとり、自分で航路を決めた方が楽しいに決まってます。

 

でも自律型学習者なんてそう簡単か?

そもそも子どもは意欲のかたまりではないでしょうか?

米国の哲学者ジョン・デューイによれば、そもそも子どもには「知りたい」「作りたい」「コミュニケーションしたい」「表現したい」という4つの欲求があります。

そんな子どもたちに、静かにしなさい、とか、よく聞いてなさい、とかばかり言うのはなんだかちょっと違いますよね。

ちなみに新しい学習指導要領でも授業改善のために、「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」の視点が謳われているそうです。子どもの本来の欲求に沿っていますね。

 

じゃあどうやって自律型学習者になるか

著者は「教えない授業」というキーワードで本を出され、その実践で軒並み生徒たちの学力を伸ばしている現役活躍中の先生です。具体的に中高生が取り入れられるノウハウが詰まっています。一例を目次から引用しつつ…

  • ワクワクする問いを作る
  • 魔法のノートを作る
  • わかったことを図解する
  • 自分の意見をまとめる

などなど。こうやって読むとビジネスの場面ではわりと当たり前な感じ。目的・目標がワクワクしないとモチベーション続かないし、対象をしっかり観察・分析しないと表面的な理解しかできないし、わかったことをアウトプットしたりコミュニケーションにつなげないと成果にならないし。

 

これからの時代を生きるために

本の帯にこうあります。「教えない授業」から生まれた幸せになる勉強法

私が学校教育に関心を持ち本を読み始めたきっかけは、姪っ子に「なんのために勉強ってするの?」と聞かれたことでした。そのとき私はこう答えました。「幸せになるためだよ」

だからこの本を中学2年生の姪っ子にプレゼントしようと思います。

 

次はこんな本も買いました。これもまた後日紹介します。

 

 

 

 

ファンドレイジング・日本2019のPRパートナーになりました

こんにちは、鈴井孝史です。私がファンドレイジングというものに出会ってもう5年くらい経つのですが、当初からずっと参加したくて参加できなかった「ファンドレイジング・日本」に参加申し込みすることができました。そして、ファンドレイジング・日本2019(FRJ2019)のPRパートナーにもなりました。そんなわけでこのイベントについて簡単に紹介です。

https://jfra.jp/frj/index.html

FRJ2019ウェブサイトより

FRJ2019ウェブサイトより

そもそもファンドレイジングとは

そもそもファンドレイジングって何か。民間非営利組織がその活動や組織基盤強化のために寄付やその他の方法で資金調達することが狭義の意味ですが、少し広義にとらえると、共感をベースに仲間を増やし、組織を成長させ、社会課題の解決に人々の参加を促す、そんなダイナミックな活動とも言えます。

そしてファンドレイザーとはその担い手。アメリカでは職業としても確立しています。日本でもソーシャル界隈ではその名が知られるようになりましたが、日本国内の有資格者はまだ1000名程度です。

 

ファンドレイジング・日本2019とは

ファンドレイジング・日本は、国内外の第一線で活躍するファンドレイザーが最新の取り組みを紹介するセッションがびっちり。丸2日間、60セッション、130人のスピーカー、参加者1500人超だそうです! 組織やセクターを超えて集まっていて、学び合い、高め合い、刺激を与えあえる、出会いに満ちた場。でも実は、参加者の4割ほどは初めての参加だそうです。

 

開催は9月!まだ申し込みできます!

開催は9月14日(土)15日(土)。早割は5月31日(金)までだそうです。興味のある方はぜひぜひ覗いてみてください。楽しいですよ。

ファンドレイジング・日本2019

https://jfra.jp/frj/index.html

【本のレビュー】「学校」をつくり直す|苫野一徳

とても刺激的な一冊に出会いました。「学校」をつくり直す(著:苫野一徳、河出書房新社)です。

  

「学校」をつくり直す (河出新書)

「学校」をつくり直す (河出新書)

 

 

感想

例えばご自身のお子さんが小学生で、「目まぐるしく変化するこの時代で、学校ってこのままでいいのだろうか、まずいよね」など薄々感じている保護者の方は絶対読んだ方が良いです。同じように、「これではいけないので、変えなければ」とお考えの先生や教育関係者の方々にも是非お読みいただきたいです。

こちらの本、苫野一徳さんのこれまでの主張をまとめた集大成のようなものだそうですが、特徴的なところがあります。それは「そうはいっても…」と予想される批判にあらかじめ反論していることです。「こういうことを言うと必ずこんな意見がありますが、そうではないんです」という具合に。

なのでとても納得感が高く、そして、ますますじゃあやっぱり「学校をつくり直す」しかないね!となります。ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

 

【予告】読書会または映画上映会を準備中です

ひとつ前のブログに書きました。これから少しずつ準備します。 

taka23suz.hatenablog.com

  

これから読んでみたい本

この本がきっかけで学校教育に携わる方々の中では色々なチャレンジが進んでいることを知りました。これから読んでみたい本を少しだけ紹介します。

 

学校に頼らなければ学力は伸びる (SANNO BOOKS)

学校に頼らなければ学力は伸びる (SANNO BOOKS)

 

 Amazon内容紹介より一部抜粋

成績が伸びないのは学校(会社)のせいでも、先生(上司)の教え方が悪いからでもありません。むしろ、学校や先生に頼るのはやめませんか?

日々、めまぐるしく変化する世の中で、「学校」だけがリアルな社会から乖離しています。

(中略)ですから、そんな学校や先生にいつまでも依存していてはいけないのです。では、学校や先生に頼らず学力を伸ばすには、どうすればいいのでしょう?

その方法は、ただ一つ。
あなたが、自分で問いを見つけて解決していく「自律型学習者」になることです。そうすれば、どんな学校に通っていても、どんな先生に習っていても成長できます。

  

まんがで知る未来への学び――これからの社会をつくる学習者たち

まんがで知る未来への学び――これからの社会をつくる学習者たち

 

  Amazon内容紹介より一部抜粋

いまこの国で行われつつある「教育改革」が目指すものとは何か?

受験と部活動に明け暮れる中学校と時代に取り残される地域社会。働き方も生き方も新たな局面を迎えたいま、学校と社会全体が向かうべき方向とは――。

教師(元小学校教頭)である著者が実感を込めて描くリアル・ストーリーです。

自分の中で興味深いテーマが広がってきています。楽しみです。

【募集】”学校をつくり直す”映画上映会or読書会を一緒に企画してくださる方いませんか?

このブログを読みに来てくださりありがとうございます。こんにちは、鈴井孝史です。今すごく気になっていて他人事ではいられないテーマがあります。それは「今の日本の義務教育はこのままでいいのだろうか、いやよくない、じゃぁどうすればいいんだろう。」ということです。これについて考え、考えるだけでなくアクションを起こせるような、映画上映会または読書会を一緒に企画してくださる方、いらっしゃったらご一報ください。ご連絡フォームはこちら> 内容について、興味おありの方は以下をお読みください。 

f:id:taka23suz:20190331000233j:plain

イメージ

日本の義務教育への疑問

きっかけは「どうして勉強しなきゃいけないの?」そんな素朴な疑問に向き合ったところから始まりました。それを機に本を読んだことをブログにも書きました。

【本のレビュー】ミライの授業|瀧本哲史 - 鈴井孝史ブログ

【本のレビュー】勉強するのは何のため?僕らの「答え」のつくり方|苫野一徳 - 鈴井孝史ブログ

「勉強するのは何のため?」だけでなく、「なぜ学校に行かなきゃいけないのか?」これに対してこの本ではこう答えています。

・〈自由の相互承認〉の感度をはぐくむため。お互いがお互いに、相手が自由な存在であることを、まずはいったん認め合うこと。 

・なぜ人間は戦争をやめることができないか?(中略)「人間がそもそも〈自由〉になりたいという欲望を持っているからだ。」

 

ではどうすればいいか?という問いとその手がかり

書籍『「学校」をつくり直す』(著:苫野一徳)

学校の問題の本質を示し、ではどうやってつくり直すかを豊富な実例をもとに提言しています。

「学校」をつくり直す (河出新書)

「学校」をつくり直す (河出新書)

 

「みんなで同じことを、同じペースで、同じようなやり方で」のまま続いてきた学校への絶望を、希望へと変える方法を提言する。

小1プロブレム、学級崩壊、いじめ、学力テスト重視……
「なんだかおかしい」。
けれども、学校のシステムはどうせ変わらない、とあきらめていないだろうか。

「みんな同じ時間割」「みんな同じ教材」「みんな同じテスト」は、「当たり前」ではない。
学校が変わるために、私たちに何ができるだろうか。

数多の“現場"に携わる、教育学者による渾身の提言!
学びをもっと遊び(探究)に。/「みんな一緒」をやめる。……

教師は、“共同探究者"。
そして、子どもたちに、“学校づくりのオーナーシップ"を。

 今、この本にめちゃくちゃ感化されています。

 

ドキュメンタリー映画Most Likely to Succeed』

上の本の中で繰り返し紹介されているドキュメンタリー映画

www.futureedu.tokyo

人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、(中略)などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。

 まだ観ていませんがとても観てみたい作品です。

 

考えて、行動することを、誰かと一緒に起こしたい

学校をつくり直す作業は待ったなしで始めないといけないかもしれません。私自身に引きつけて言えば、4月から小学2年生の長女と、次女のためにも、旧来の学校であり続けてほしくはありません。

たぶん同じような問題意識を(顕在化しているか潜在的かは別としても)お持ちの保護者の方は大勢いらっしゃると思います。

学校の先生も、教育行政に携わる方も、構造的な限界の中で何かしなければとお考えの方も多いと思います。

そのような方々と、まずは事実を知り、改善の道筋があることを知り、具体的なアクションを起こしていけるような対話の場を持ちたいと思います。 

f:id:taka23suz:20190331001941j:plain

イメージ

映画上映会または読書会を一緒に企画してくださる方wanted!

ご興味お持ちいただけましたら、ご一報ください。お待ちしています!

映画上映会または読書会について、今のところのラフイメージは以下のとおりですが、一緒に考えてくださる方と話し合いたいので、あくまでラフです。より良くしたい。

  • 開催目的:子どもたちの成長を最大限引き出し、学校が本来の役割を果たせるよう、学校を変えるためには私たちは何をすればいいのか。それぞれの立場で何ができるかを話し合い、明日へのヒントを持ち帰れるような場とする。
  • 開催場所:品川区または近郊
  • 開催時期:19年6月~7月 週末土日の午前など
  • 参加人数:30名~50名
  • 参加してほしい層:主に小学生の保護者、学校の先生、教育行政関係者、小学生や中学生、地域に住む市民
  • 内容:映画上映or読書 and ディスカッション
  • 所要時間:2時間~3時間

一緒に企画してくださる方、ちょっと興味あるけどどうしよう、という方もまずはご連絡ください! 企画する側じゃなくて参加する側として興味あるという方もどうぞ。

\ご連絡フォームはこちら/

 ちなみに、この活動、完全に一個人として動きだしました。何かの所属などに関係なく進めていきます。たくさんの方と対話したいと思っています。よろしくお願いいたします!!!応援いただける方はこの記事をシェアなどしていただけるととっても嬉しいです!
 
追記:ご連絡フォームにgmailログインが必要だった設定を修正し、ログイン無しでも回答できるようにしました。

 

【本のレビュー】勉強するのは何のため?僕らの「答え」のつくり方|苫野一徳

前回『ミライの授業』という本を紹介しましたが、それに続けて同じテーマで読んだ本を紹介します。哲学・教育学が専門の苫野一徳(とまのいっとく)さんの著書です。 

勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方

勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方

 

  

読んだきっかけ

今年正月に実家に帰った時に、中学1年の姪っ子にまさにこの本のタイトルのように「ねぇ、なんで勉強するの? 今やってる勉強って意味あるの?」と聞かれたからです。

誰でも一度は考えたことがあるだろうこの疑問。でも考えても答えが出なくて、なんとなくおざなりにしたまま流されてきたこの疑問。それを姪っ子に真正面から問われて、きちんと答えたくて、二冊の本にたどり着きました。そのうちのひとつが今日紹介するこの本。前回のブログにはもう一冊紹介しているので、こちらもどうぞ。

taka23suz.hatenablog.com

印象深かったところ

この本が特徴的なのは、哲学からのアプローチにあります。哲学者は、

「正解」のない、でもなんらかの「答え」がほしい問題の数々をとにかくひたすら考え続けてきた人たち

です。だからタイトルのような疑問にも、だれもが納得する、シンプルで力強い「納得解」を提示してくれる、ということです。そしてそれは中学生くらいにも十分伝わるのです。ではその中身を見ていきましょう。

f:id:taka23suz:20190225231137j:image

 

勉強するのは何のため?

・唯一絶対の正解なんてない、自分にとっての正解、自分なりの勉強する意味を見つけよう

・〈自由〉になるため、自由とは、できるだけ納得して、さらにできるなら満足して、生きたいように生きられているという実感。そうなるための力を身につけるため

 なんで学校に行かなきゃいけないの?

勉強する意味はわかったとして、じゃあなんで学校に行かなきゃいけないの? 家で勉強してもいいんじゃない?という疑問に対しては、次。

・〈自由の相互承認〉の感度をはぐくむため。お互いがお互いに、相手が自由な存在であることを、まずはいったん認め合うこと。

・なぜ人間は戦争をやめることができないか?(中略)「人間がそもそも〈自由〉になりたいという欲望を持っているからだ。」

いじめはなくせるの?

〈自由の相互承認〉の感度をはぐくむのが学校だ、と言われても実際には、いじめもあるし、体罰の問題や同調圧力や人間関係のややこしさもある。ではどうするか。これに対して著者なりの解決策をいくつか提示しています。キーワードだけ挙げれば

  • 人間関係の流動性
  • 承認と信頼
  • 教師の多様性
  • 教師への信頼
  • 学び合い(協同的な学び)

 などが示されています。

学校空間を、もっと、すべての子どもたちが〈自由〉になるための力をはぐくみ、〈自由の相互承認〉の感度をはぐくんでいけるものへと、設計し直していく

そんな具体的な提案のエッセンスが、本の後半に紹介されています。

 

読後の感想

中学1年の姪っ子の疑問に答える、というきっかけで読み始めたものの、わが子(今、小学一年生と4歳)の学校生活や勉強への取り組み方について考え直す機会になりました。本質的には何のためなのか。そう考えると色々なものが取捨選択できるような気がします。先生も、親も、地域も、本質をとらえて、変わらないといけないのだろうなと考えさせられます。

著者の苫野一徳さん。従来型の学校教育に限界を感じる一方で、学校教育の新しい在り方を提示し、公教育のモデルとなるような学校「軽井沢風越学園(かるいざわかぜこしがくえん)」(設立設置認可申請中)にも携わっていらっしゃいます。この学校は要チェック。他の本も読んでみたいと思いました。

 

みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える (ワクワク対話シリーズ)

みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える (ワクワク対話シリーズ)

 

 

【本のレビュー】ミライの授業|瀧本哲史

1月ももう4週間も過ぎようとしていますが、今年初めてのブログで、久しぶりに本の紹介です。『ミライの授業』という本を読み、とてもおもしろかったのでシェアします。 

ミライの授業

ミライの授業

 

 

読んだきっかけ

正月に実家に帰った時、中学1年生の姪っ子に突然質問されました。『ねぇ、なんで子どもの時、勉強したの? 私が今やっている勉強って意味あるの?』

中学生くらいの時、誰でも一度は考えたことがあるだろう、定番の疑問です。定番であり、なかなか答えの出にくい問いかもしれません。私は私なりに真剣に考えて姪っ子の質問に答えましたが、みなさんならどう答えるでしょうか。

これまで幾度となく繰り返されているこの疑問へのヒントは、本になっているはずだ。そう考えて検索してヒットし、その姪っ子にも勧めた本のうちのひとつがこれ。

f:id:taka23suz:20190123222431j:image

 

印象深かったところ

未来を志向している

冒頭、こんな感じで始まります。

14歳のきみたちに、知っておいてほしいことがある。

きみたちは、未来に生きている。

そして大人たちは、過去を引きずって生きている。

きみたちは未来の住人であり、大人たちは過去の住人なのだ。(中略)

残念ながら大人たちは、自分が夢見た21世紀を、実現できなかったのだ。

この本は14歳前後の人たちに向けて書かれています。大人たちは過去の住人、と言い切って切り離すことで、とても軽やかに、未来を志向する学びのステージにいるような気分になります。(大人の私もそう感じるのです)

 

5つの「未来をつくる法則」

そして、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学び、ということで、さまざまな「世界を変えた人たち」の生き方や考え方から「未来をつくる法則」を具体的に紹介しながら本は進んでいきます。

法則1:世界を変える旅は「違和感」からはじまる

法則2:冒険には「地図」が必要だ

法則3:一行の「ルール」が世界を変える

法則4:すべての冒険には「影の主役」がいる

法則5:ミライは「逆風」の向こうにある

例えば「違和感から始まる」の例として、フローレンス・ナイチンゲール。おそらく世界で最も有名な看護師です。しかし、たたひたすら看護に尽くしただけの女性ではありません。ナイチンゲールが戦場の病院で見た現実。

戦場の兵士たちは、戦闘によって亡くなるのではなく、劣悪な環境での感染症によって亡くなっていくのだ。それがナイチンゲールの結論でした。(中略)そこでナイチンゲールが使った武器が、看護師の道に進む以前、ずっと学んできた数学であり、統計学だったのです。

あるいは「一行のルールが世界を変える」例として、嘉納治五郎。柔道の創始者、日本スポーツを一変させた偉大な人として今も多くの人の尊敬を集めています。

嘉納治五郎の柔道は、それまで「見て学べ」「からだで覚えろ」ばかりだった柔術の稽古に、さまざまな改革をもたらします。(中略)彼は「ルール」をつくることで、マイナーな格闘技に過ぎなかった柔術を柔道に変え、世界に認めさせたのです。

 このように世界を変えた20人の人生からさまざまなことを学ぶことができます。

 

読後の感想

本当にこれはすべての中学生に読んでほしい。自分も中学生のときに読みたかった。瀧本哲史さんの他の本もそうですが、とても勇気づけられる、とてもワクワクする内容です。そして最後には、読者一人一人の背中を押すようなまとめになっています。読後感もとても爽やか。これからのミライをつくる人たちにぜひ読んでもらい、過去の住人の大人をすっ飛ばして、未来をつくっていってほしいと思いました。

 

以前読んだこの本ももう一度読みたくなりました。 

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない