鈴井孝史ブログ

準認定ファンドレイザー・CSR検定3級・ファイナンシャルプランナー3級.学びや気づきをシェアします

【本のレビュー】デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)

 

 オイシックスドット大地株式会社の執行役員、西井敏恭さんが書かれた本です。

OisixといえばECやITに強いというイメージを持つ方は多いと思います。私もその一員になりました。その考え方や手法を学ぶために、この本を手に取ってみました。

 

全体の印象

著者も書いていますが、デジタルマーケティングに長く取り組んでいて、すでにバリバリ取り組んでいる人には少しライトな内容なのかもしれません。ただ今時点でそれを専門としているわけでない人にとっては、基礎的な内容や全体像を掴むために必要なことが詰まっている感じです。あとがきにこうありました。

デジタルマーケティングが多様化し、個々の施策においては詳しい人はいても、「売れる仕組み」「売れ続ける仕組み」を構築できる人がまだまだ少ない(略)

ということでこの本を読むと全体を俯瞰して見ることができ、入門者にとって、ちょうどよい足掛かりになるように思います。

 

特に興味深かったところ

例えばこんな内容がありました。

・まずは売上における顧客構造を理解する。新規顧客と継続顧客にわける。新規が継続に転換しているのはどれくらいか、継続顧客が離脱する時期や割合をしっかり見る。

・お客様との関係性の維持という点では特に「2回目」の購入に至るプロセスを重視する。「商品・タイミング・コミュニケーション」の3つの観点から施策を考える。

これらをしっかりやりきること、やり続けること、その地道な取り組みからお客様との関係性が作れていくのだろうと思いました。

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)

 

 デジタルマーケティングの仕事に携わることになり始めた人にとって、非常に役立つ、そしてすぐに読めて、すぐに実践につながる本だと思います。オススメします。